急性緑内障とは?

気をつけておきたい!急性緑内障ってどんなもの?

緑内障と聞くと、高齢者に多い目の病気というイメージをお持ちの方もけして少なくはありません。最初は気が付かない程度に視野が欠けたり、視界が狭まったりするのですが、悪化していくと徐々にその範囲が広がっていくのが特徴です。長い年月をかけて、じわじわと症状が悪化し、それ以外の自覚症状がないために、やっと異変を感じたときには、もう緑内障がかなり進行していた…ということもけして少なくはありません。

このような緑内障はいわゆる慢性緑内障と呼ばれるものです。「慢性」と聞くと、「急性」もあるのではないか…と思われるかもしれませんが、確かにその通りです。「急性緑内障」と呼ばれる病気も存在します。そもそも緑内障は眼圧の上昇に伴って、視神経にダメージを与えてしまう病気なのですが、その眼圧の上昇があまりに急激に発症することがあるのです。

急性緑内障の特徴はまず40代以降の女性に多いとされているということ。そして、急激な眼圧の上昇に伴い、頭痛や目の痛みがあるということです。つまり、慢性の緑内障に刃自覚症状がないのですが、急性緑内障は自覚症状がはっきりとしているのです。そして、まるで発作を起こしたように、それが突然やってくるという特徴があります。まさに「急性」なのです。

頭痛や目の痛み以外にも、吐き気や冷や汗、さらには目の前に虹が見えるという虹輪視と呼ばれる特徴的な症状があります。急性緑内障は発症したらすぐに治療を行わなければ、手遅れになる可能性もあります。治療にはレーザー手術などの外科的な手術が行われる場合と、点眼薬を使用するケースとがあります。いずれにしても、早期に治療を行うことで、最悪の事態は十分に回避できるために、このような症状があったらまずはすぐに病院を受診するように心がけましょう。