緑内障と喘息の治療の関係

喘息の治療を行っている方が緑内障になってしまったら?

緑内障にかかってしまったら、まずはその症状が進行しないように食い止めることが重要となります。そもそも緑内障は治らない病気といわれているがゆえに、放っておくと、徐々にあなたの視野を奪っていく怖い病気でもあります。だからこそ、早い段階で発見し、治療を行うことが非常に大切になってくるのです。

緑内障の治療を行う際に、最もよく使われているのが点眼薬です。そもそも、緑内障は眼圧が上がってしまうことによって、視神経が圧迫されたり傷ついたりして、徐々に視野が狭くなったり、部分的に欠けたりしてしまうのです。つまり、緑内障の進行を抑えるためには、上がってしまった眼圧を下げることが重要となります。そこで、点眼薬を使って眼圧を下げる方法へ働きかけるのです。

先述の通り、緑内障は完治するような病気ではありません。適切な治療をすることで進行を抑えることがポイントとなります。つまり、適切な治療を行っていても、「調子が良いから」といって自己判断で勝手にやめてしまったら、症状はますます悪化の一途をたどるだけなので、一度緑内障にかかると、一生涯にわたって治療を続けていかなくてはなりません。

実は緑内障の点眼薬には副作用もあります。そのほかに飲んでいる薬との作用で、別の症状を引き起こしたりというケースもあるため注意が必要となります。

例えば、緑内障の点眼薬にはβブロッカーと呼ばれる種類のものがあります。しかし、これは喘息のアレルギーがある方が使用すると、目薬の成分が身体中に浸透し、喘息の発作を起こしやすくなるという副作用を起こすのです。喘息と緑内障とでは、何の関連性もないように考えがちで、ついうっかりと使用してしまうというケースもあるようです。しかし、とりわけβブロッカーを含む点眼薬を使用する際には、自分自身に喘息のアレルギーがあるかどうか…これは非常に重要なので、しっかりと頭に入れておくことが大切です。