緑内障はパソコンが原因?

パソコンって視覚障害の原因になることがあるの?

緑内障を引き起こす原因の一つとして、眼圧が上昇することが挙げられます。眼圧が高くなることで、眼球そのものが膨張し、それが視神経を圧迫するのです。視神経が圧迫されることによって、目から得た情報を正確に脳に伝えることができなくなり、視界が一部欠けて見えたり、また狭まって見えるようになったりするのです。

しかし、このような緑内障は高齢者に多く見受けられるという特徴があります。その一方で、眼圧に変化がないのに、緑内障になってしまうというケースが最近増えています。眼圧に変化がなくとも、何らかの原因で視神経に傷がつき、それが緑内障につながってしまうというパターンです。

このようなパターンに当てはまりやすいのが、日頃から目を酷使しているという場合です。あまり物を集中して見すぎてしまうと、目が疲れることは良くあるかと思います。特に近年は職場でもパソコンはビジネスツールとしては欠かせないものになっていますが、パソコンや携帯電話などの画面を長時間見続けていたりしても、やはり目の疲れを感じやすくなります。おそらく、日頃からパソコンを使っていることで、慢性的に目が疲れているという方も多いのではないでしょうか。

パソコンの画面を長時間見続けることで、目の筋肉はどんどん疲れがたまっていきます。さらに血行が悪くなってしまうために、視神経にも悪影響を及ぼしやすくなってしまいます。それこそが緑内障を引き起こす危険性を高めているのです。

つまり、パソコンを日頃から使っていても、目が疲れたなと感じたら、血行促進を図ることが重要になります。例えば、目の周囲を温めることで、疲れを癒し、血行を促進させることができるのです。また、あまり目を酷使しないよう、時々休憩を入れるなど、日頃の生活の中での工夫も大切であるといえるでしょう。