緑内障とレーシック

緑内障の場合、最近話題のレーシック手術は行えるの?

近年、視力回復が実現できるとしてレーシックが大変な注目を集めています。視力が悪くて、日頃の生活にストレスを感じていても、レーシックを受けることで、メガネやコンタクトレンズを使用しなくても、裸眼で快適に見えるまでに視力が回復するのが人気の理由となっています。

しかし、レーシックは誰でも受けられるものではありません。手術までにレーシックを受けても問題がないかの検査が行われます。例えば、緑内障の場合はレーシックを受けることが出来ないのです。

レーシックはそもそも角膜を薄く切り、フラップを作ることで視力回復を図る手術です。このとき眼圧が上がってしまうのです。そもそも緑内障は眼圧が挙がることで視野が狭まる、いわゆる視野狭窄などの症状が引き起こされます。レーシックでは一層眼圧を上げてしまうきっかけとなり、さらには視神経にダメージが加わるケースもあるのです。このような理由から、緑内障の方には受けることが出来ない手術となります。

しかし、近年はレーシックも日進月歩で進歩しています。レーシックの中でもPRK手術と呼ばれるものは、角膜を薄く切りフラップを作るという一般的な方法を取らないために眼圧が上がるという症状が現れないのが特徴です。つまり、緑内障を悪化させる要因がないために、問題なく手術を受けることが出来ます。確かに術後しばらくは専用のコンタクトレンズを着用し、さらに片目ずつしか手術出来ないという特徴はありますが、PRK手術は通常のレーシックを受けることが出来ない緑内障の方に適した視力回復術であるといえるのです。