続発緑内障とは?

緑内障にも様々ある…続発緑内障とは一体どんなもの?

緑内障にも様々な種類がありますが、中でも緑内障以外の目の病気を併発したり、服用している薬の影響を受けることで、眼圧が一層高くなってしまうのが続発緑内障と呼ばれるものです。

続発緑内障には開放隅角型と閉塞隅角型の2種類に大別することができます。開放隅角型の場合は外傷があったり、糖尿病を患っていたり、さらには白内障を併発していたりといった場合に発症しやすいとされています。例えば、白内障であるにも関わらず、それを放置していると、眼圧がどんどん上がり、緑内障になってしまうのです。外傷の場合、隅角に亀裂が入ってしまうと、やはり眼圧を上げてしまい、続発緑内障を引き起こしやすくなります。

一方で閉塞隅角型は眼球にある水晶体が内側から外れてしまうという亜脱臼の状態であったり、網膜剥離の場合に発症しやすい続発緑内障です。またステロイド剤を使った点眼を長期的に使用することによっても、このタイプの緑内障を引き起こしやすくなります。

いずれにせよ、続発緑内障は緑内障よりもさらに眼圧を上げてしまう要因があって発症するものです。まずは、その要因を改善することとともに、これ以上、眼圧が上がらないようにするために薬を使ったり、レーザー治療を行ったりといった治療を行うことで、続発緑内障の改善を図っていきます。また、ステロイド剤を服用していることで続発緑内障を患った場合は、その薬をすぐにやめてしまうと、治療中の病気の悪化につながってしまう恐れがあるため、医師としっかり相談して、今後の服用方針を決めていくことが重要となります。