緑内障の自己チェック

もしかして緑内障?まずは簡単に自己チェックしてみよう

どんな病気にも当てはまることですが、緑内障においてもどれだけ早期に発見し、早い段階で治療をスタートすることが出来るかというのが、非常に大切な要素となります。緑内障は自覚症状がほとんどないため、なかなか気が付きにくい病気ではありますが、日頃から自分自身で自己チェックを行っていくことで、発見することも可能なのです。

緑内障の症状の大きな特徴に、視野が狭まったり、部分的に見えにくい箇所があったり、かすんだりといったものがあります。このような症状が片目だけに発症しているのであれば、日頃は両目で見て生活しているために、片目だけの異変には気が付きにくいのです。

しかし、緑内障の自己チェックは自宅でも簡単に行うことが出来ます。例えば、有名なものの1つに放送していないテレビ局のザーッという画面…いわゆる砂嵐とよばれている画面ですが、これを片目をつぶった状態で見つめるのです。視野がすべて画面になるくらいの距離から片目で見たときに、どこか欠けたりぼやけたりしていないかどうかで、緑内障の可能性を判断することが出来ます。

このことは、テレビの画面でなくとも、例えば新聞を壁に貼りつけて、それを同じように見つめてみることでも代用できます。また、カメラで撮影しようとファインダーをのぞいたときにも確認できます。さらに最近では、インターネットを利用することで、緑内障をチェックできる無料のツールやアプリもあります。

このように自分自身では発見しにくいとされる緑内障も、自己チェックの方法を知っていれば、早期発見することが出来るのです。また、これによって緑内障ではないかという症状に当てはまるものがあれば、早めに眼科を受診するようにしましょう。