緑内障に気付くときの二つの自覚症状

潜在患者が8割!?静かに進む緑内障に気付くときの2つの自覚症状

緑内障は次第に視野が狭まっていく眼の病気ですが、自覚症状がほとんどありません。そのため、緑内障を発症していても自覚できず病院も受診しないため、正確な患者数ははっきりとはわかっていません。

しかし全体の緑内障患者の8割近くが症状を自覚できていない潜在患者ではないか言われます。40歳以上の方は20人に1人が緑内障患者だと言われるほど潜在的な病気です。

早期に発見でき若い頃から治療を開始している方もおられます。これはコンタクトなどの別の用件で眼科を受診した際にその眼の異常が診察され、検査の結果、自覚はなくとも緑内障であると判明したケースが多いです。これは自覚症状も何もなしに緑内障が偶然早期に発見された幸運なケースと言えるでしょう。

しかしそう幸運な方ばかりではありません。そのような偶然や定期的な検査を除いて、緑内障による眼の異変を多くの方が自覚する症状は以下の2つになるでしょう。

1視野の欠損
緑内障の発症に気付かずに生活し、症状がかなり進んだ状態です。緑内障が自覚しづらいのは、両目による視覚によって視野がカバーされ、片目に生じた小さな欠損程度なら補われてしまうからです。ところが両目による補い合いにも限度があります。

症状が進行し、欠損部分が大きくなると両目ともに同じ視覚部分を欠損し、視野の中に見えなくなる部分が生じます。小さな欠損ならわからないかもしれませんが、顔の向きと角度によって目の前に置いてあるマグカップが突然視界から消えるというような見え方が生じ始めればさすがに自分の目になんらかの異常が起きていることを多くの方が気づきます。

2激しい体調不良
緑内障の中には急性緑内障があります。急性の場合、突然目が充血したり激しい痛みに襲われたり視力が低下したりとかなり激しい症状が出ます。症状が激しい分、何らかの異常が起きていることが明確に自覚できます。

以上、2つの自覚症状をご紹介しました。慢性であれば症状が進行するまで自覚できず、急性であれば異変を自覚できるがかなり激しい症状に襲われます。これ以外に多くの方が緑内障を自覚する機会はあまりありません。

それが緑内障の厄介なところです。緑内障の早期発見をしたいというのであれば自覚症状ではなく、定期的に病院の診察を受け、検査を受けるのが確実です。

特に40歳以上の方には潜在患者が多くおられますから年に1度は検診を受けるといいでしょう。万が一、上記の2つの自覚症状を持ったら、直ちに病院の診察を受けるようにしてください。