緑内障がもたらす視野の見え方の紹介

それはただの疲れ目ですか?緑内障がもたらす視野の見え方をご紹介!

緑内障という眼の病気の厄介なところは視野が次第に狭まっていくというところです。視覚は人間が生活する上でとても頼るところの大きいものです。視覚による目視でなんらかの異常に気付くという経験は誰もが一度はされているでしょう。

ところが緑内障による視覚の異常は「見え方の変化」という大変わかりづらいものです。自覚症状がほとんどないといわれる由縁です。この見え方についてご紹介しましょう。

緑内障の初期症状において、視覚の異変を自覚できることはまずありません。自覚はできませんが、この段階においても正式な検査を受ければすでに視野に欠損部分ができていることが確認できます。

自覚できないのは両目でものを見ているからです。片目だけでは欠損部分ができるところを、もう片方の視野が補ってしまい、結果的に視野の欠損を自分の日常生活で自覚する機会がなくなるのです。自覚症状がまったくないこの段階で緑内障が発覚するのは、別の用件で眼科を受診した際にたまたま発覚したというケースが多いです。

次に中期に進むと、視野の欠損が少し広がります。この段階でもまだ明らかな異変を感じるには至りません。やはり両目による視野の補い合いによってある程度カバーされているからです。

ですが、この段階に来ると何かの拍子に視野に欠落部分ができていることに気付く場合もあります。おかしいと思ったときはひとまず眼科を受診しましょう。

そして後期に入りますと、視野の欠損は非常に大きなものになってしまいます。緑内障による視野の欠損を明らかな異変として自覚できるのはこの段階になります。

突然ですが、「見えない」ということを自覚するのが難しいのはなぜなのでしょうか。それは「見えない部分」は黒塗りになっているわけではないからです。例えば、カメラで画像を撮影するとき、レンズの端に小さい黒い紙を貼り付けて撮影したらどうなるでしょう。

撮影された画像を確認すれば、撮影された画像の中に小さい黒い紙がアップで写っています。それが小さなものであっても異物が写っている以上、なんらかの異常を確認するのは容易です。

次に、カメラで撮影できる範囲が、本来の撮影範囲より少しだけ狭まっている画像を想像してみてください。それを見て、カメラの異常に気付ける人はいったい何人いるでしょうか。もう少し撮影範囲が狭まってもおそらくほとんどの人は気付かないでしょう。

「本来撮影できたはずなのにできていない部分」は「そもそも写っていない」のであり、その部分に黒塗りの何かが映っているわけではありません。もし本来の撮影範囲の半分しか写っていない画像を見せられれば、写っている画像そのものに異常はなくとも、撮影範囲自体が狭まっているという異常に気付く方が多くなると思います。

緑内障の見え方の変化を例えるなら上記のような例になります。「見える異常」には気づけても「見える範囲が狭まっていく異常」はなかなかわかりません。はっきり自覚できるのは、自分の部屋やオフィスなど「見慣れている風景の見え方が違う」という異変によるものが多いでしょう。

視野の半分が欠落すれば、毎日見ている風景の見え方が変わってきます。さすがにそこまで行くと視野の異変は自覚できますが、残念ながら自覚できるほどの異変が現れた場合、緑内障は後期レベルにまで進んでいる可能性が高いです。ただちに眼科を受診されることを勧めます。

見える範囲が狭まるという異常を自覚するのは大変困難です。緑内障は幸い急激に進行する病気ではありませんから、緑内障が心配な方は年に一度、眼科で視野の検査を受けると間違いはありません。